誰にでもできる簡単な対策で加齢臭を予防する

年齢を重ねると進行する加齢臭は誰にでも起こり得る生理現象ともされています。

 

 

特に暑い日などは近くに人がいるだけで「臭っていないかな」と心配になる人も少なくないと思います。「自分はまだ加齢臭ではない」と思っている方でも自分自身が気づいていないだけで周囲からは「臭いな」と思われているケースも存在します。そのような悩ましい加齢臭ですが対策をきちんと講じていれば臭いを最小限に抑えて予防することが可能なのです。

 

 

そもそも加齢臭の原因とは一体何なのでしょうか。長年の研究に結果加齢臭の原因物質はノネナールという成分であることが判明しました。ノネナールとは脂肪酸と過酸化脂質が酸化や分解を繰り返すことによって発生するとされています。ノネナールは男性だけでなく女性にも存在しており40代を迎えると性別に関係なく増加することが確認されています。つまり加齢臭対策ではこのノネナールを抑えることが最も効果的な対策であるといえます。

 

 

ノネナールは脂肪酸と過酸化脂質などの皮脂成分から発生します。つまり体の皮脂成分を抑えることによりノネナールを抑制する作用が期待できるのです。特に夏場などに加齢臭問題が大きく取り上げられるのは汗などを多量にかいてしまうため体内の皮脂量が増えてしまうことが原因なのです。
では具体的にどのような対策を講じれば良いかというと日常生活での取り組みが重要となってきます。

 

 

まず皮脂を体内に溜めないようにするため汗をかいた場合にはこまめにタオルなどで拭き取る作業をしてみましょう。汗を放っておくと雑菌なども繁殖しやすくなる他、皮脂が溜まりノネナール発生の要因となります。

 

 

さらにお風呂などで身体を洗う際にはシャワーだけで済ませずに湯船にしっかりと浸かることで、汗腺が発達し体内の老廃物や皮脂を洗い流すことが可能となっています。

 

 

そして最も効果的とされているのが薬用石鹸を使用することです。ノネナールを取り除くためには殺菌効果のある薬用石鹸が最も効果的といえるでしょう。実際にどのような成分の効果的かというと柿タンニンやカテキン、ミョウバンや銀イオン、クロロフィルやベントナイトなどの成分が配合されていればノネナールを抑制する働きをしてくれます。

 

 

このように日常生活からノネナールを抑えることを心掛けていれば、誰でも簡単に加齢臭を予防することが可能となってくるのです。